部屋を自分好みにするためのリノベーション法

今注目のリノベーションで自分だけの理想の家を実現

部屋の印象をガラリと変えられるリノベーション

都心部周辺で近年見られるのが、1世帯あたりの敷地面積が狭い狭小住宅です。 建物同士の距離が近いため、部屋が暗い、収納スペースが限られているなど、様々なデメリットがありますが、リノベーションによって収納スペースを増やしたり、家の間取りを変えるだけで部屋の印象や快適さを大きく変えることができます。

フルリノベーションで自分だけの理想の家に

フルリノベーションは家の基本となる骨組みだけを残し、内装や家の間取りを丸ごと変えてしまう工事になります。 間取りや水回りの大幅な変更など、ライフスタイルに合わせた自分だけの家を作れるのが魅力の1つとなります。 ここではフルリノベーションに掛かる費用や、知っておきたい注意ポイントなどをご紹介していきます。

DIYでコストを抑える!

DIYは「Do it yourself」の略で、自分自身で物を組み立てたり手作りすることを指し、近年男女を問わず人気となっています。 リノベーションでもこのDIYを上手く活用することで、費用を抑えた家作りができます。 セルフリノベーションを行う場合に注意したいポイントやアイディアをご紹介していきます。

狭い家でも広々と暮らせるリノベーション

不動産業界の中でも、今注目を集めているリノベーションとはどのようなものなのでしょうか。
一般的には既存の建物に手を加え、仕切りを変えて家の収納力をあげたり、壁の構造を変えて耐震性能や断熱性能を向上させるなど、現状の住宅性能をより高めることをリノベーションと言います。
利点としては、内装や家の構造を自由に変えられることから、中古物件を購入し、都心や立地の良い場所でありながら新築よりも低予算かつ、自分好みの住みやすい家に作り変えができるという部分が最大のポイントです。
新築などの場合、もともとの家のつくりに合わせて生活していかなければならないのに対して、予算にもよりますが、自分や家族の生活スタイルに合わせたこだわりのキッチンや収納などが備えられるため、おしゃれなインテリアを実現させることもできます。

リノベーションとよく似た言葉としてリフォームがありますが、一般的にリフォームは劣化した家の設備や状態を元通りに修復することを指します。
原状回復を目的としているため、リノベーションのように間取りや家の構造を変えるほどの大規模な工事は行わず、家全体の設計に関しての自由度は低いと言えます。
これらのことを踏まえ、中古住宅に住んでいる方、もしくはそれらの物件を購入する予定で、部屋の内装や性能にこだわりたいという方にはリノベーションがお勧めです。

本サイトでは、住宅に関する悩みをお持ちの方、これからリノベーションを考えているという方へ、部屋の悩みや希望に応じたリノベーション方法・事例のご紹介と、実際にそれらリノベーションを行う際に気をつけたいポイントやコストについてご説明していきます。