今注目のリノベーションで自分だけの理想の家を実現

>

フルリノベーションで自分だけの理想の家に

フルリノベーションのメリット

分譲住宅やマンションは内装や間取りがあらかじめ決められていて、そこに合わせて住む形となるのに対し、フルリノベーションは構造上の問題がなければ、自分自身の生活スタイルに合わせたオーダーメイド感覚に近い家がつくれるという点が最大のメリットと言えます。
そのため、家族にとって住みやすい間取りや部屋数、設備の場所など、具体的な条件とイメージをある程度固めておくことが重要であり、リノベーションを成功させるポイントとなります。
また、費用に関しても、中古物件を購入し、リノベーション費用を合わせた金額と新築の注文住宅とを比較すると、新築物件購入費の8割程度に抑えることができます。
工事内容によってその金額は異なりますが、戸建でフルリノベーションを行った場合にかかる費用は約600万から900万円程度が目安となります。

リノベーションの流れと注意点

リノベーションの手順としてまず最初に始めるのが業者選びになりますが、その前後に建築士による住宅診断を受けることをお勧めします。
数万円ほどの費用がかかりますが、耐震性能や補強の必要性などが分かるため、工事が始まった後の想定外の出費を防ぐことができます。
また、このときに住宅を購入する場合は、リフォームローンを併用せず、リノベーション費用を住宅ローンに組み込み、一括で申請することをお勧めします。
業者の比較、見積もり、契約までが無事に済んだ後は、仮住まいの手配をしましょう。
規模によって工事期間は様々ですが、2ヶ月から4ヶ月ほどかかる場合もあります。
工事中は業者へ全て任せきりにせず、何度か自分の目で状態や進捗状況を確認しに行きましょう。
工事に問題があったり、要望どおりの施工がされていないなどのトラブルを防ぐことができます。
最後に、工事後に家の不具合がないかのチェックも念入りに行っておきましょう。


この記事をシェアする